よりどりみどり。

イラストを描いたり,詩を想いのままに綴ります。

定年電車と花束と。

ぽつんぽつりと置かれてた
ぽつんぽつんと置かれてる

 

ぽっかりあいた椅子の上
となりに置かれた花束が

ぽつんぽつりと泣いていた

ぽつんぽつんと泣いている

 

華やかに彩る花束と
ピシッときまったネクタイが

 

ぽつんぽつりと泣いていた
おじさん隣で泣いていた

 

ぽつりぽつりと遠ざける

輝くぼくの人生が

 

汗と涙の勲章は

花束ひとつにまとまって
小さく小さく泣いている

大きな大きなため息が

今のわたしに広がった

 

 ぽつりぽつりと時が経ち

またあの電車に揺られてる

 

ぽっかり空いた椅子の上
今では君が座ってる

 

大きく包む花束が
わたしの隣で微笑んだ

 

ぽっかり隙間はあいたけど
今ではきみが座ってる

となりにきみは座ってる

きみも1人で泣いていた

 

ぽつりぽつりとつぶやいた
ぽつりぽつりとつぶやいた

君に小さくつぶやいた
大きな気持ちでありがとう

 

君はとなりで笑ってる
僕も一緒に笑ってる

 

空に駆ける電車には
君と僕が座ってる

 

ぽつりぽつりと微笑んだ
空に向かって微笑んだ

 

f:id:chime182:20160619132911j:image